お知らせ・ブログ
Blog

Column

山口市・防府市で不動産売却を手がける住むテラスが、不動産売却に関するお役立ち情報や豆知識をご紹介します。不動産のスペシャリストとしての知識や経験、地域密着型の情報力を活かした内容をお届けいたしますのでご覧ください。

Column Detail

2022.02.13

「空き家となった田舎の実家を処分したい」
「実家を処分したいけど、その流れや注意点について何もわからない」
このような考えをお持ちの方は多いでしょう。
そこで今回は、実家を処分するための流れをご紹介します。
実家を売却する際の注意点も併せてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

□実家を処分する流れとは?

実家を処分する流れは以下の通りです。
処分の流れを押さえておけば、実家を適切なタイミングで処分することにも繋げられますので、ぜひ参考にしてみてください。

1.売却準備(遺言書の確認や名義変更)
2.価格査定
3.書類提出
4.媒介契約
5.販売活動(宣伝や内覧対応など)
6.買主と売買契約
7.物件の引き渡し
8.確定申告

持ち家を処分する場合とは異なり、売却準備として遺言書の確認や相続の分割方針の決定が必要になります。
売却前には名義変更が必要になるので、期間に余裕を持って計画を立ててくださいね。

□実家を売却する際に押さえておきたい注意点をご紹介!

1つ目は、売却する場合はなるべく早く行動を起こすことです。
3,000万円特別控除をはじめ、特例や控除の多くには期限が設けられています。
この期限を過ぎてしまうと特例を受けられなくなるので、早めの行動が必要です。

2つ目は、空き家として放置することは避けることです。
誰も人が住んでいない場合、空気の入れ替わりができないので劣化が急速に進みます。
空き家のまま放置をしていると、雨漏りの影響を受けたり、シロアリ被害が出たりすることもあるでしょう。
そうなると買い手が見つかりにくくなります。

物件の問題によって買い手が見つからない場合、解体し更地として売却する必要があります。
空き家として放置するのであれば早めの売却がおすすめです。

また、当社では不動産売却だけでなく、不動産買取も行っています。
不動産買取とは、所有する物件を不動産会社が直接買い取る方法です。
不動産買取は、時間がかからないだけでなく、手間がかからないこともメリットとして挙げられます。
内覧対応や条件交渉も不要ですから気楽に売却を進められます。

空き家を早急に買い取ってもらいたい場合には、このような方法もございますので、ぜひご相談ください。

□まとめ

今回の記事では、実家を処分する流れと実家を売却する際に押さえておきたい注意点をご紹介しました。
ぜひ本記事参考に、実家の処分をうまく進めてくださいね。
山口市・防府市周辺で不動産のお悩みがある方は、ぜひ当社までお気軽にご相談ください。
不動産の本来の価値をご提案させていただきます。